FC2ブログ

対馬漁業無線局 [つしまぎょぎょう]

対馬地区の漁業者に市況、天気予報、周知事項など色々な情報を提供すると共に、漁業無線に対する相談を受け付け、安全操業等のお手伝いを致します。

令和 2年 1月17日16時32分 長崎地方気象台発表

長崎県の注意警戒事項
 長崎県では、強風に注意してください。壱岐・対馬、五島では、高波に注意してください。壱岐・対馬では、落雷に注意してください。


===================================
下対馬 [発表]雷,強風,波浪注意報 
 雷 注意期間 18日明け方から 18日夕方まで
 風 注意期間 17日夜遅くから 18日夕方まで
   ピークは18日未明
   北西の風
   海上 最大風速 15メートル
 波 注意期間 18日未明から 18日夕方まで
   ピークは18日昼前
   波高 3メートル
 付加事項 突風

===================================
上対馬 [発表]雷,強風,波浪注意報 
 雷 注意期間 18日明け方から 18日夕方まで
 風 注意期間 17日夜遅くから 18日夕方まで
   ピークは18日未明
   北西の風
   海上 最大風速 15メートル
 波 注意期間 18日未明から 18日夕方まで
   ピークは18日昼前
   波高 3メートル
 付加事項 突風
スポンサーサイト



福岡中央魚市(物流1便)令和2年1月17日
ヤリイカ
2段(約 個)
2段半(約 個)
3段(約 個) 
3段半(約 個)
4.0段(約 個)
バ ラ (約 個)

スルメイカ
20入(約120個)
 5360~ 5210~ 4200
25入(約40個)
 4530~ 3700
30入(約 個)
バラ (約 個)

各地漁況
境  (ヤリ)(スルメ)110個
浜田 (ヤリ)(スルメ)
湊  (ヤリ)(スルメ)
特牛 (ヤリ)(スルメ)
勝本 (ヤリ)(スルメ)100個
郷ノ浦(ヤリ)(スルメ)30個
西日本(ヤリ)(スルメ)80個






福岡魚市(1便)令和2年1月17日
ヤリイカ
2.0段(約 個)
2.5段(約 個)
3.0段(約 個)
3.5段(約 個)
4.0段(約 個)
バ ラ (約 個)

スルメイカ
20入(約130個)
 5360
 5210~ 4200
25入(約40個)
 4530~ 3700
30入(約 個)
バラ (約 個)

各地漁況
勝本  (ヤリ)(スルメ)100個   
郷ノ浦 (ヤリ)(スルメ) 
松浦  (ヤリ)(スルメ) 80個
特牛  (ヤリ)(スルメ)
湊   (ヤリ)(スルメ)
浜田  (ヤリ)(スルメ)
境   (ヤリ)(スルメ)120個
恵曇  (ヤリ)(スルメ)



名古屋市況(中部水産)令和2年1月17日
ヤリイカ
2段  
2段半 17000~ 
3段  13000~
3段半 8000~
4段  7000~
松イカ
20入 5500~ 5000
散4k 2500

血子  K 700~ 500
レンコ K 500~ 300
サワラk 1300~ 900
ヨコワ 1入 k 2500~ 1800
    ②入 k 1800
2入 k 1500~ 1400
4入 k 600




福岡魚市(2便)令和2年1月17日
「産地対馬」
ヒラス 5k以上 600~ 250
    4~3k 600~ 200
    3k未満 350~ 150
ブリ 11k k1300~ 600
10k k1000~ 500
9k k700~ 400
8k k600~ 350
7k k500~ 250
6k k350~ 200
5k k300~ 200
2入 k300~ 200
ワラサ 2入 k250~ 150
3~4入 k 250~ 150
ヒラゴ 5入 箱 2300~ 1300
4入 箱 2300~ 1300
ヤズ 6入 箱 2000~ 1000
ツバス 8入 箱 2300~ 1300
ヨコワ 7k k 2300~ 1800
6k k 2000~ 1500
5k k 2000~ 1500
2k型 k 1100~ 800
1.5k型 k 600~ 400
1k型 k 400~ 300


福岡海上気象
17日03時観測 17日05時35分発表

海上風警報  対馬海峡

気圧の傾きが次第に急になる見込み

対馬海峡では 北西の風が次第に強まり 18日03時までに 最大風速は
30ノット(15メートル) に達する見込み
射撃訓練
本州北西岸、蓋井島北西方において
自衛艦による水上射撃訓練が実施される。

期間  令和2年1月18日
時間 08:00~ 17:00
区域 N 34-16-11
E 130-31-51
を中心とする半径5海里の円内

訓練は、射撃海面に船舶等が存在しないことを
確認しながら実施される。